Japan Dolphin Day 2006


2006年9月20日~9月27日
「2006年・世界イルカ解放週間」の活動

JapanDolphinDay

2006年は、Japan Dolphin Dayという国際的なイベントに日時をあわせて、例年の「世界イルカ解放週間」を9月20日~9月27日に変更して活動しました。

この国際的なイベントへの参加は、水族館が、凄惨な「イルカの追い込み猟」と、どれほど深くかかわっているか、その現実と、施設に囲われているイルカ等の小型鯨類の苛酷な現状を人びとに広く知っていただくためには大変よい機会です。日本では、シャチなど鯨類の解放を願って結成されたNGOネットワーク「フリーオルカ」(東京)と本会が1998年からこの活動に参加し、毎年、イルカなど鯨類を飼育展示している日本の水族館のすべてと主要メディアに「世界イルカ解放週間」の情報と「お願い」を発信しています。

本会のこの活動は、今年で9年目を迎えます。しかし、報道機関にとりあげられることがないため、「世界イルカ解放週間」は、いまのところ限られた人びとにしか知られていないのが現状です。本会では、メディアへの「お願い」として、次のような要望を送りました。まず、日本のメディア関係者が、海やイルカなどの話題を取り上げる場合に、世界で10余年継続されている「イルカ解放週間」の活動に目を向けてほしいこと。そして、一部に見られるように水族館側の宣伝に加担するような記事だけを流す現状を改め、片寄らない報道をすることをお願いしました。

2007.1.8 up