世界動物園水族館協会(WAZA)、日本動物園水族館協会(JAZA)及び日本のNGOとの3者会談が実現します


お知らせ

スイスのWAZA本部での会議を踏まえて、2014年8月10日(日)に、日本で、3者会議を行なうことが正式に決まりました。

WAZAからは、ジェラルド・ディック氏、JAZAからは、本年5月に就任の荒井一利新会長(鴨川シーワールド館長)が出席し、日本のNGO(エルザ自然保護の会を含む5団体)と、水族館におけるイルカの購入問題について、具体的な結果を生み出すことを目指して、建設的な検討会を行なう予定です。

この会合では、WAZA本部での会合と同様、メディアの参加は認められていません。

議題については、以前の報告通り、WAZAのメンバーであるJAZAがWAZAの倫理規範(Code of Ethics)を順守するための検討。具体的には、JAZAに所属する「太地町立くじらの博物館」など、複数の水族館が、WAZAの倫理規範に従い、追い込み猟からのイルカの調達や取引を中止するための検討となります。

世界の各地で、野生のイルカを捕獲して水族館に送ることへの抗議デモが行われています。なかでも、日本の和歌山県太地町が行なっているイルカの追い込み猟から、イルカが日本国内及び世界各地に売却されていることは、近年、国際的な関心事となり、国内外で厳しく批判されています。

世界動物園水族館協会(WAZA)は、すでに10年前から、イルカの追い込み猟で生け捕りにされたイルカを水族館が売買して飼育することを禁じる警告を出していますが、具体的な解決策に向けての話し合いは、今回がはじめてです。こうした情勢の中、日本動物園水族館協会(JAZA)が、どのような対応を見せるのか、国際的に注目されています。

ビデオの中に出てくるグラフ:

太地の生け捕り数推移