Japan Dolphin Day 2012


(日本イルカの日)

 
毎年、日本でイルカの追い込み猟が開始される9月1日を中心に、世界各国で、イルカ猟中止に向けてのイベントが行なわれます。参加団体は、各国のそれぞれの場所で、独自のイベントを行ないます。このイベントを総合的に指揮したり、統率したりする者は存在しません。各団体が、それぞれの責任において、独自の活動を行ないます。(このイベントの詳細内容については本会のホームページで過去のJapan Dolphin Dayの欄をご覧ください。)

日本におけるJapan Dolphin Dayの企画がアース・アイランド研究所から届きましたので、以下にお知らせします。

アース・アイランド研究所は、日本で、常に合法的、平和的、非暴力的な活動を行なっています。今回の和歌山県太地町でのイベントに際しても、紛争を避けるために万全の注意を払い、すでに地元の新宮警察に対して、全面的に警察に協力し、規制に従うことを通告し、また約束しています。

以下のアース・アイランド(EII研究所)の趣旨に賛同される方は、どうぞ同研究所の担当者にご連絡ください。
 


御関係者各位

9月1日、リック・オバリーのドルフィン・プロジェクトが
日本の太地町を再訪問して、
あの有名な畠尻湾でイルカ猟が再開される

6ヶ月にも及ぶ長いイルカ虐殺期間の初日である9月1日、アカデミー賞受賞ドキュメンタリー映画「ザ・コーブ」によって不評を買った畠尻湾をリック・オバリーのドルフィン・プロジェクトが再訪問します。

「私達ドルフィン・プロジェクトのチームは、イルカ殺しに対して反対の意思を示し、水銀に汚染されたイルカの肉を食べる危険性を警告する為、再び太地町を訪れます。イルカ猟は廃止されるべきで、日本の方々が廃止への鍵を握っています。」と語るのはアース・アイランド研究所のドルフィン・プロジェクトでキャンペーン・ディレクターを務めるリック・オバリー。

「私達が過去4年間で行った日本のイルカを救おうキャンペーンによって、水銀や他の有害物質に汚染されているイルカの肉やクジラの肉を購入しない傾向が日本では見られ、 太地町で水揚げされるイルカの数が減少しました。」
http://savejapandolphins.org/blog/post/our-campaign-dolphin-kill-declines

9月1日午前11時、世界5大陸を代表する面々が太地町を訪れ、太地町で起こっているイルカ猟を世界に伝える目的で一連のイベントが実施されます。

  • 2011年3月の東北地方太平洋沖地震と津波の被害者の皆様、そして、2011年8月に和歌山の太地町付近を襲った台風で命を失われた方々のご冥福をお祈り、参加者は輪になり黙祷を捧げます 。私達ドルフィン・プロジェクトのチームもそれら災害が起こった際に現地へ居合わせ、失われた命と計り知れぬ被害に深い悲しみを覚えました。
  • 太地町は毎年約2,100頭のイルカ水揚げを許可されており、その殺し方は想像以上に残虐です。過去に殺されたイルカ、そして来るイルカ猟で殺されるであろうイルカ達の魂に向け、参加者は輪になり黙祷を捧げます。
  • 日本舞踏のエキスパート、フィリピンのロス•リグタスがイルカ達の為に舞踏を披露します。
    http://savejapandolphins.org/blog/post/dolphin-deaths-a-cultural-affair
  • 待望の大型新人、シンガーソングライター、ギターアーティストであるアリエルがイルカについて作曲作詞した曲を披露します。
  • 「イルカの肉は水銀に汚染されている」と書かれたサインを持った参加者は、畠尻湾前の歩道に並び、水銀に汚染されたイルカの肉やクジラの肉は有害であり、食用として用いる危険性を警告します。

バス旅行への参加について:

8月31日午前10時、大阪ワシントンホテル前出発、太地町行きのバス旅行へ、リック・オバリーのドルフィン・プロジェクトと一緒に参加ご希望のメディアの方々は、田中響子にご連絡下さい。
Eメール:kikitan@wine.plala.or.jp 電話番号: 090-9800-3337

リック・オバリーへのインタビューについて:

インタビューをご希望の方は、下記に明記してある連絡先、リック・オバリー、マーク・J・パーマー、またはマサコ・マックスウェル、いづれかにお問い合わせ下さい。

2012年8月21日

アース・アイランド研究所

リック・オバリーのドルフィン・プロジェクト
キャンペーン・ディレクター
リック・オバリー
+1 (786) 973-8618 (米国)
ricobarry@bellsouth.net

サブディレクター
マーク・J・パーマー
+1 (530) 758-6022 (米国)
080-4490-2150 (8月29日以降)
markjpalmer@earthisland.org

田中響子
090-9800-3337
kikitan@wine.plala.or.jp

マックスウェル・マサコ
info@dolphinproject.jp

戻る